TRAVELIZE!旅とフリーランス。

フリーランストラベラー。同じく自営業の旦那(新婚)と旅をしながら気ままに働く生活をしています。フリーランス・旅のことを中心に記事を執筆中!来年頭東京脱出予定。

【インスタ映え投稿に潜む大きな影】旅好きが旅インフルエンサーを目指してはいけない決定的な理由3つ

こんにちは!7です。

 

さて、このブログを読んでくれている読者の皆さんの中には、一度でも「旅インフルエンサー」になることに憧れた人も多いのではないでしょうか?

f:id:travelize_mylife:20191124203427j:plain

 

 

【インスタ映え投稿に潜む大きな影】旅好きが旅インフルエンサーを目指してはいけない決定的な理由3つ

ちなみに旅インフルエンサーとは何か、日本ではどんな人がいるのか、よくまとめてある記事はこちら⬇️

find-model.jp

実はかくいう私も「旅インフルエンサーになったら、旅行も好きなだけタダで行けて、結構美味しい思いが出来るんじゃ・・・」と思っていた一人でした。

 

 

そんなことをふと考えてから月日は経ち、独立して10ヶ月がたった今。現在ではとあるプロジェクトで旅インフルエンサー(主に海外ですが)と日々密に働いており、彼らとの仕事でいろんな意見を交わす中で、絶対に旅好きは旅インフルエンサーにならない方がいい決定的な理由を3つほど発見したので、少しでも憧れたことのある人は是非チェックしてください!

 

 

旅が嫌いになる

今旅インフルエンサーが現地に来たときのスケジューリングやアテンドなどを行う仕事に携わっていますが、彼らのインスタを見るだけじゃ全く想像できないくらい、とにかく鬼のように過酷です。

f:id:travelize_mylife:20191124203457j:plain

 

数日間でクライアントが希望する場所に連れて行かれたり、商品を学ばなければいけなかったりと、想像以上に長時間労働ですし、早い時は朝4時5時から始まり、遅い時は深夜に及ぶ時も。

 

ちょっとしたインフルエンサーくらいなら年間に企業との仕事は数回ある程度だから良いのかもしれませんが、本当に旅を仕事にしている旅系インフルエンサーは毎週どこか違う場所にいます。そしてまた数日間過ごして、移動、の繰り返し。

 

そしてインフルエンサーはただ単に綺麗な写真をとって投稿しているのではなく、写真はこういうのがいいというクライアントのリクエストや、厳しい納期に答えなければならず、仮に数日プライベートの滞在を伸ばしたとしても納期に追われて観光どころではありません。

 

そうしている間に大好きだったはずの旅が、どんどん嫌いになり、やめていく人も少なくありません。正直、インフルエンサーたちに「今でも旅は好きか?」という質問に、二つ返事で「はい」と答えた人は今の所出会ってきたインフルエンサーにはいません。

 

自分が全く希望していないことをしなければならない

例えば自治体の案件で日本に来ているインフルエンサーは基本的には、自分が希望している場所にはいけません。あくまでクライアントが推したい場所に訪れて撮りたくもない写真を撮ることになります。

 

またせっかく仕事が終わっても、夜はクライアントのおじさんたちとどうでも良い飲み会をしなければなりません。人によってはグループツアーなどで仲良くもない女子たちとパーティーしている風の写真や動画を撮らされたり。

 

せっかく憧れの場所に行く機会があったとしても、全く自分のやりたいことはできないし、行きたい場所にはいけない。そして気がつけば帰国日。という感じ。

 

彼女たちに少しでも癒しになるような時間を作ってあげたいとは思いつつ、なかなかクライアント側ではない私には実現が難しく、いつも罪悪感です。

 

 

ストレスがたまる。心身がよっぽど強くないと続けられない

インフルエンサーとして活動するにはよっぽどの心身共に健康で強靭なパワーが必要です。

まず移動。特に長距離は物凄く大変です。また上記に挙げたように、1日の労働・拘束時間は鬼のように長いのです。私もアテンドしていて、1日の終わりにはとてもじゃないけど何もする体力が残っていない。

 

さらに毎回一期一会かつプロジェクトごとに勝手も何もかも違うので、気を使いすぎてストレスが溜まります。私がアテンドしたインフルエンサーの子の友達のインフルエンサーはストレスで髪が抜け落ちてしまったと言っていました。

 

また日本ほど安全な場所は全く問題ないのですが、危険が伴う場所も多く、予期しない病気や怪我で、毎回全く予想ができず、毎回不安を抱えながら現地に赴くようです。もちろん労災なんてないので、全て自己責任です。

 

また安定とは程遠い仕事なので、みんなどこかで、メインの軸になる仕事を見つけなきゃ、といつも考えているようです。

 

まとめ

正直インフルエンサーたちのキラキラした投稿を見ただけじゃ、彼らの血の滲むような努力は全く見えず、やはり羨ましいなあーと思ってしまうのですが、その背景では大きなストレスを抱えて一つの投稿に魂を込めて投稿しているということがよくよくわかってきました。

 

あのキラキラした写真も偶然にとった一枚ではなく、何百枚、何千枚と撮影した先にようやく生まれた奇跡の一枚なのです。彼らはプロフェッショナルなクリエイターです。

f:id:travelize_mylife:20191124203556j:plain

旅が好きだから、とか、タダで旅したいからなんて思いでやっている人はまだ一人として出会っていません。

 

だから私のような旅が好きな人には、旅インフルエンサーになんてならず、自分でお金を払って、自分の足で、自分が思うことをやりたいだけやってほしい。旅インフルエンサーになれるのはむしろ、旅に対して無関心な方がうまくやれるのかもしれません。

f:id:travelize_mylife:20191124203620j:plain

 

過去のインフルエンサーについての記事はこちら

www.travelize.xyz

 

www.travelize.xyz