TRAVELIZE!旅とフリーランス。

フリーランストラベラー。同じく自営業の旦那(新婚)と旅をしながら気ままに働く生活をしています。フリーランス・旅のことを中心に記事を執筆中!今年東京脱出しました!3月から世界半周旅行。

【東京プチ旅行のすゝめ】蔵前のお洒落ホステルに泊まる、本格蔵前・両国観光!

こんにちは!7(@Travelize123)です。

 

 

東京を離れるまで後2ヶ月ほど。いざ離れるとなるとすごく寂しかったりもするのですが、日中東京を移動しているとあまりの人の多さにやっぱり離れることにしてよかった。。と噛み締めるものです。

 

 

【東京プチ旅行のすゝめ】蔵前のお洒落ホステルに泊まる、本格蔵前・両国観光!

とはいえ2ヶ月を切った今、ふと、「東京に4年も住んでいるのに、全然観光していないし、東京のこと知らないな」と感じたので、思い立って東京プチ旅行をすることにしました!

 

f:id:travelize_mylife:20191212120324j:plain

 

今回観光の場所に決めたのは、蔵前・両国エリア。どうせなら東京の下町っぽさを体験しておきたいし、普段から打ち合わせ等でも全然利用しない地域なので、今回のプチ観光にはちょうどいい場所です。

 

 

時間も、相方の仕事が終わる時間17時ごろからスタートし、一日ホステルに滞在して、次の日の昼前には終わり、という仕事が終わってからでも出来る楽しみ方をすることに決めました。

 

 

今回泊まったホステル「Nui. Hostel&Bar Lounge」

今回泊まったホステル「nui. (ヌイ)Hostel&Bar Lounge」はカフェバーエリアがとてもお洒落で、WiFiもサクサクなので、作業にも適しまくり!私はチェックインの時間から入って少しそこで仕事をしました。

f:id:travelize_mylife:20191212113412j:plain

ずっと家で作業しているといつもとは違う空気を吸いたくなるので、こうやって違う土地のカフェで仕事するだけで、気持ち的にもリフレッシュ!✨

 

ツインルームでも1泊一人4,200円から!

とはいえ、睡眠にかなりナイーブな7。普段からたまに耳栓をしないと寝れないくらい、騒音と明かりにかなり繊細なので、ドミトリールームではなく、ツインルームに泊まることに。ツインルームは小さいながらも小綺麗な感じで、寝るにはなんの問題もなし。こう言う時に2人旅行は便利ですよね。ちなみにこちらはシャワー・トイレは共同ですが、水場はとても清潔に保たれていて、初めてホステルに泊まる人でも安心して使えると思います。

 

f:id:travelize_mylife:20191212114524p:plain

公式ホームページより


ちなみに1階がカフェバーということもあり、24時ごろまで結構下の音が響きます。私のように睡眠ナイーブな方は個室だとしても耳栓を持っていくのをおすすめします🧏‍♀️

 

その他にも一般的なホステルにあるドミトリーや、個室の部屋が多くあります。通常のホステルと違うのは、個室が半分、ドミトリーが半分の割合のところなんだとか。

f:id:travelize_mylife:20191212114804p:plain

f:id:travelize_mylife:20191212114824p:plain

公式ホームページより

 

ちなみにこのホステル自体、元々あった玩具屋さんをリノベーションして作っているとのこと。少し構造が変わっているなあと思ったら、そういうことだったんですね。

 

 

アクセス

蔵前からのアクセスはかなりわかりやすく、駅からおよそ3−5分ほど。歩いて1分のところにファミリーマートもあるため、非常に便利。

 

 

もちろんキッチンや休憩スペースもあり

キッチンは物凄く整頓されていて、これ外国からのお客さんが見たら驚くんじゃないか?と思うほどの整理されぶり。清潔だし、何より必要な調味料は全て使い放題!塩・こしょうだけでなく、オリーブオイル、ごま油、ソース、醤油、酒、みりんなんでも揃っているので、短期滞在の人もお得にキッチンで料理が出来ます。

 

ホステルやエアビーではいつもキッチンを使って自炊するのですが、地味にこの調味料がないと困る。1、2回使って捨てるのももったいないし、次の場所に持っていくのも嵩張るし。。ということでこれだけの調味料が揃っているのは旅人には嬉しいポイント!もちろん紅茶・緑茶・コーヒーも備え付けで飲み放題。

 

そしてキッチンの隣には、ダイニングはもちろん休憩スペースもあり、カフェバーに行くのは煩くてちょっと。。という方々のために、静かに過ごせる場所があるので、ここでのんびり出来ます。旅行本もたくさん置いてあるので、次の旅に思いを馳せながらかなりの時間をここで過ごしました。

f:id:travelize_mylife:20191212114054j:plain

 

  

実際に回ったお店・場所

さて、それからこの度で実際に回ったお店や場所を紹介します。

 

蔵前は「東京のブルックリン」と言われるほど、お洒落なお店の多い下町と言うことで、いろいろ回ってみました。

 

訪れるまでは特下町の古いイメージしかなかったのですが、実際に来てみるとお洒落なお店が点在しており、ガラッとイメージが変わりました。新宿や渋谷なんかよりずっと静かでお洒落で洗練されていて、もしもう一度東京に住むことがあれば、このエリアに住みたいと思うくらい。そのくらい街の雰囲気はすごくよかったです。もう少し早く気がついていれば泣

 

これらのお店は全て徒歩圏内です!

 

inkstand.jp

koncent.net

 

中でもこのNAKAMURA TEA LIFEでは、中村さんがお茶を作るところから製造まで全て行っているたくさんのお茶を試飲出来、中でもとてもいい香りだった茎ほうじ茶をお買い上げ!

tea-nakamura.com

f:id:travelize_mylife:20191212115247j:plain

 

夕飯は両国の「江戸のれん」で。歩くと20分ほどかかりますが、スカイツリーを見ながらのんびり歩けるので、お勧め!

両国駅前、両国国技館のすぐ隣にある飲食店街で、2、3年前に出来たようです。もんじゃや江戸前寿司、天丼など東京を代表する料理がここに集まっています。

 

天丼の老舗「ひさご」で天丼😙

f:id:travelize_mylife:20191212114121j:plain 

 

夕食の後はコスパ最高の天然黒湯温泉へ!

夕食の後は少し運動。20分ほど歩いて御谷湯(みこくゆ)(http://mikokuyu.com/)まで。ここは天然の黒湯温泉に入ることができます。ホームページが可愛い。

f:id:travelize_mylife:20191212115353p:plain


リニューアルされていて非常に綺麗ですし、半露天風呂からは目の前にスカイツリーを拝むことが出来ますし、何より470円とお得!もう一つ近くにある某両国の温泉は2000円以上するので、間違いなくこちらの方がお得です。

 

 

御谷湯からnui Hotelまではタクシーで5分ほどで1000円ほどですので、せっかく温泉で温まった身体を覚さないように、行きは歩き、帰りはタクシーで帰るのをお勧めします。

 

ホテルの夜の顔

夜ホテルに帰るとそこは昼間の風景とは打って変わって、バー営業でとても賑わっていました。半分以上は外国人のお客さんというイメージ。

 

ちなみにたまに見かけ倒しのカフェをよく見かけますが、こちらのカフェは本格派。私もコーヒーだけ飲みましたが、コーヒーも美味しい。これはカフェやバー利用だけするお客さんがいるのもうなずけます。

f:id:travelize_mylife:20191212115435j:plain

 f:id:travelize_mylife:20191212114019j:plain

 

もちろん朝食営業もあり!

ちなみに朝食セットはドリンクも合わせると1000円以上とホテル価格ではありますが、ワンプレートのオムレツ朝食が食べられます。私は少食なので、単品のチーズオリーブトースト(430円)とカフェラテ(500円)を注文。

 

ただの適当なトーストかと思いきや、刻んだオリーブが入っていて、かなり手が混んであります。とても美味しかった!

 

バジェット旅行でもこんなにお洒落で快適な旅が出来るんです。普通のビジネスホテルに泊まるよりも新鮮な体験が出来ました!

 

 まとめ

ということで私の東京プチ蔵前・両国旅行はお洒落なホステルでのステイをメインに、これまたお洒落なお店巡りや天然温泉など、仕事帰りでも問題なく回れて、ちょうどいいボリューム感、そして金額を抑えつつも本格的なものに触れた、余裕のあるちょっと大人な旅になりました!

 

 

また東京を出る前にプチ旅行シリーズはもう一度やりたいなー。

 

 

その他国内旅行についてのブログはこちら!

www.travelize.xyz

www.travelize.xyz

 

www.travelize.xyz