TRAVELIZE!旅とフリーランス。

フリーランストラベラー。同じく自営業の旦那(新婚)と旅をしながら気ままに働く生活をしています。フリーランス・旅のことを中心に記事を執筆中!来年頭東京脱出予定。

【香港の繁華街に飽きたらここ!】香港リピーターに赤柱(スタンレー)がおすすめな理由

こんにちは!7です。

 

皆さんは香港に遊びに行ったとき、どこに出かけていますか?

九龍で食べ歩きや、コーズウェイベイエリアでショッピングも楽しいですが、何日か続くと飽きてしまいますよね。


 

今日はそんな香港リピーターの皆さんにおすすめスポット「赤柱(スタンレー)」の魅力をお届けします!

 

 

 

 

赤柱とは?

香港島最南端に位置する高級住宅街。小さな海辺の町ですが、欧米系駐在員が主に住んでいる地域で、コロニアル調の洋館やおしゃれなパブがひしめき合う、おしゃれスポットです。町自体はとても小さいので、観光に2時間、行き帰りも含めても半日あれば十分楽しめます。

 

 

 

香港からの行き方は?

行き方はとても簡単。銅鑼湾(コーズウェイベイ(Causeway bay))SOGO前付近(大通りではなく、小道にありますので注意)「銅鑼湾登龍街」のミニバス乗り場 から出ている40番の緑色ミニバス「赤柱市集」行きに乗るだけ。所要時間は約35分ほどと書いてありますが、とにかく道が混みまくるので、1時間はみておいたほうがベターです。運賃はHK$10ほど。お釣りは一切帰ってきませんのでご注意くださいね。

 

f:id:travelize_mylife:20190103194325j:plain

コーズウェイベイの大通り

 

ちなみにこの赤柱行きのバス停前はびっくりするほど長い行列ができますが、心配ご無用。割と回転率は良いので長くても30分~1時間程度でバスに乗ることができます。

 

 

香港リピーターに赤柱(スタンレー)がおすすめな理由3つ

 

西洋風の街並みが綺麗!静か!

多くの欧米人が暮らす街がゆえに、街並みがとてもヨーロピアン風です。

香港にいながらヨーロッパにいるような不思議な体験ができます。香港の繁華街と違って観光客も少なく、静かでゆったりと過ごせるので、繁華街の雑踏に疲れてしまった方にはぜひおすすめ!

f:id:travelize_mylife:20190103194515j:plain

パブやカフェが立ち並ぶ大通り

f:id:travelize_mylife:20190103194535j:plain

美しい色の建物ばかり!

自然がたくさん!

繁華街と違って、赤柱は自然がいっぱい!赤柱行きの道中も、香港ってこんなに自然がたくさんだったんだ。。!と、香港5回目の私もびっくりの山、林、海!

 

ビーチも多く、欧米系の駐在員家族が海水浴や日光浴をする姿を多く目にしました。

香港の繁華街付近の家は人がこんなところに住んでいるの?!というくらい、とにかく狭い。私も一度香港人の友達の家に泊まったことがありますが、失礼ながら家が狭すぎて衝撃を覚えました。。7人家族が1DKに所狭しと住んでいるのをみると、駐在で来ている体の大きく、海での日光浴が大好きな欧米人はどこに住んでいるのだろうか、と思っていましたが、こういうところに住んでいたのですね。

 

日本では見れないおもしろ建物がたくさん!

前述の通り、赤柱は高級住宅街です。みたことのないくらい派手派手なマンションやいくらするんだろう。。という見るからに何億もするような家が立ち並んでいて、これを見にいくだけでも価値があるんじゃないかと思います。笑 また香港は風水をとても重んじていて(繁華街だとHSBC銀行ビルが有名ですね)、建物を建てる時もかなり風水に気をつけて形や方向を決めているため、こんな奇抜なマンションも発見しました。

f:id:travelize_mylife:20190103194652j:plain

奇抜な形のマンション

風水では、中に穴が開くような形は、龍が通るため演技が良いとされているのです。

また道を通る車もポルシェやランボルギーニなど、普段はなかなか拝めない車ばかり!

 

本当に通る車通る車全て高級な外車なので、とても異様な感じがして興味深い。香港ではきっとここでしか見れない光景だと思います。

 

 

まとめ

赤柱は香港の喧騒に疲れた香港リピーターにはもってこいの静かな場所!繁華街からも遠すぎませんし、行き方もとても簡単なので、ゆっくり静かに香港滞在をしたい人にはぜひオススメの場所です。

 

まだまだある、香港内でゆっくりできるスポット!

とはいえ繁華街にも静かでゆっくりできるスポットがありますので、こちらのリンクからご紹介しております!

 

travelize.hatenablog.com

 

割と賑やかなイメージの強い香港ですが、このようにまた少し違った滞在もできますので、ぜひ参考にしてくださいね!

 

7でした。