TRAVELIZE!旅とフリーランス。

フリーランストラベラー。同じく自営業の旦那(新婚)と旅をしながら気ままに働く生活をしています。フリーランス・旅のことを中心に記事を執筆中!来年頭東京脱出予定。

【社畜に逆戻りした1ヶ月間】ブログを休んでいた理由とその反省点

お久しぶりです!7です。

 

なんと1ヶ月以上の間、ブログを休んでいました。。今までマイペースにとはいえ、ブログ開設してから毎月なんとか執筆し続けた私としては、ちょっと悔しい。。

 

 

今日はなぜ1ヶ月も休んでいたか、そしてこの期間に学んだことを、取り止めもなくではありますが、お話していこうと思います。

 

 

 

1ヶ月ブログを休んでいたシンプルな1つの理由

この期間休まざるを得なくなった理由はシンプルに「とあるプロジェクトがあまりに忙しくなったこと」。

 

6月くらいに成約し、喜んでいたのも束の間、どんどん物量が重くなっていき、しまいにはオーバーフローで仕事が追いつかず、凡ミスや抜けがちになり、毎日誰かに怒られたり、一日朝から晩まで働き詰めになって、気がつけばサラリーマン時代以上にがんじがらめになり、ストレスはマックスに。

f:id:travelize_mylife:20191116160856j:plain

 

土日も連絡がどんどんくる始末で、ストレスを発散するタイミングを逃しに逃して、ついにはイライラで夜も眠れなくなる状態が続き、大爆発。

 

 

 

自分の出来なさを露呈するようで恥ずかしいのですが、あまりの忙しさゆえに、もともと指示されていた業務範囲以上のことを途中から求められてに気がつかず。むしろこんなことも捌けない自分なんて、使えないやつだと、自尊心をどんどんと無くしていく日々。

今までよくわからなかったけど、忙しすぎる会社員が鬱になるまで耐えてしまうのって、こんな気持ちなんだろうか。

 

不思議なことに、仕事をやっている時はランナーズハイになって気がつかないんですよね。恐ろしい。

 

ついに大爆発して、クライアントに相談し、もともとの契約内容と実際に求められている業務にあまりに解離があるため、プロジェクトから外してもらうように交渉することができ、ひとまずこの忙しさを免れることができました。

 

 

この経験から学んだこと

今後は絶対避けたい経験ですが、フリーランスの皆さんなら一度は経験したことがあるのではないでしょうか?今後避けるために2つの反省点を挙げておきます。

 

目先の売り上げを目標にすべきではない

フリーランスはただでさえ舐められやすいし、それを日々肌で実感します。

 

サラリーマン時代の知り合いにドヤりたいというどうでもいい虚栄心から、とにかく「サラリーマン時代より稼いでますアピール」をしたかったんだと思います。(今までそう感じなかったけど、今思い返してみれば多分そう)

f:id:travelize_mylife:20191116160922j:plain

 

会社に未練なんて一つもないからな!って言いたかったし、自分自信にもそう言い聞かせたかったからか、とにかく「売り上げ」をめちゃくちゃ意識してこの10ヶ月くらい、必死に働いてきました。

 

フリーランスというのは、仕事を取れば取るほど売り上げが上がります。自分のMAXを考えなければ取り放題=売り上げ上げ放題です。

 

が!それはあくまで目先の売り上げを伸ばすだけの手法にすぎず、非常に近眼的な手法で頭のよくない手法だなとこの経験を通じて感じました。

 

 

例えば、おそらくフリーランス1期目はサラリーマン時代の額面年収よりも150万以上上回る売り上げを立てることができそうですが、必死こいて死にそうになりながら働いて、次の月から燃え尽きて売り上げゼロ円じゃあ本末転倒です。

 

売り上げよりも、もっと中長期的な目標をしっかり持って、それが例えば3ヶ年目標の中での一年目がどのくらい達成できたか?という思考に振るべき。じゃないとずっと目先の人参だけを追うことになり、それではビジネスの拡大は難しいでしょう。

 

 

どうでもいい見栄を張って目先のお金を追いかけるより、もっと心身ともに余裕を持ってこれからの目標、大局をみないとな、と痛に感じた経験でした。

 

「業務委託者」としての自分の立ち位置は自分ではっきりとさせる

正社員も混じって働くようなプロジェクトだと、どうしても自分の立ち位置をはっきりさせるのが難しいことがあります。

 

例えばみんな鬼のように忙しくて、まさに猫の手も借りたいような状況の時、私は自分もいっぱいいっぱいなのに、そこで手を貸してしまうばかりか、本来であれば正社員がすべき業務もやってあげてしまうのです。。これが今回の大きな反省点の一つでした。

 

本来であれば自分は業務委託として業務を委託する側。正社員なら「失敗したね、じゃあ次は頑張ろう」が許されても、委託側は許されない。次はないのです。

 

ということはそのプロジェクトで決まった業務範囲をプロフェッショナルとしてしっかり遂行するためにパフォーマンスしなければならない。それが業務委託者の目指す姿だと個人的に考えています。

f:id:travelize_mylife:20191116161139j:plain

そのためには業務範囲以外のことを他の人が忙しいからと言って情けでやってあげたりすることによって自分のパフォーマンス力を低下させることを自ら行うことはナンセンスであり、一番やってはいけないことなのだと、今回改めて思いました。

 

今後

なんだか反省文みたいになって申し訳ないのですが、こう言った経験を実際に体験することによって学ぶことはたくさんあります。

 

まだまだフリーランス一年生として、これからも試練は待ち構えているはず。皆さんも逆境に負けず、フリーランス生活楽しんでいきましょう!ようやく落ち着いたので、気を取り直して、これからも有益なフリーランスに関する情報をどんどん執筆していきますね!

来年は東京を脱出し、海外にプチ移住する計画もあるので、その移住に関することもたくさん書いていきますね!

 

 

 

過去のブログはこちら

www.travelize.xyz

www.travelize.xyz

www.travelize.xyz