TRAVELIZE!旅とフリーランス。

フリーランストラベラー。同じく自営業の旦那(新婚)と旅をしながら働く生活をしています。フリーランス・旅のことを中心に記事を執筆中!今年東京脱出予定。

【治安が悪いイメージはこれで払拭!】メルボルンで安くて・アクセス抜群で・アジア人フレンドリーな最高エリアと言えばFootscrayしかない!

 

こんにちは!7です。

 

明日から新婚旅行で2週間ほどヨーロッパ!ベルギーオランダドイツと3カ国回ってきます!

 

ぶっちゃけ結婚してからの旅行は3回目なので、どれが新婚旅行かはわからない笑 ヨーロッパでも普通にお仕事しますし、なんならクライアントの会社の訪問もある・・・^^;

 

これをいうと「新婚旅行中に仕事するなんて。。」と引かれますけど、まあこれが我々のスタイルだから良いのです。^^

 

 

さて、今日は私がメルボルンで愛して止まなかった「Footscray」を紹介させていただきます!

 

 

 

【治安が悪いイメージはこれで払拭!】私がFootscrayを愛してやまない8つの理由

Footscray(フッツクレイ)メルボルンの少し北西側にある地域のこと。North Melbourne(ノース・メルボルン)駅の一つ先です。ベトナム人と黒人系が住民のほどんどを占める地域です。

 

メルボルンに住んでいた当時は、Footscrayは治安面をメインにあまり評判が良くなく、バイト先などで「どこに住んでいるの?」と聞かれて「Footscray」と答えると、少し差別的な言葉が帰ってくることもありました。Footscrayに住む人のことをFootscrazy(フッツクレイジーと揶揄する言葉もあるほど。

 

 

そんなFootscrayですが、今大注目の急成長エリアで、新しい物件がボカスカ建っており、販売するやいなや軒並みすぐ完売してしまうほど。実はFootscrayからエアポートラインを通すなんて計画もありました。(今どうなっているのかは謎。この辺りは本当にオージーらしいです。。)

f:id:travelize_mylife:20190513201934j:plain

 

というのも最近は治安もかなり良くなり、ローカルのカフェやバーなどもどんどん新しくたっており、雰囲気も非常に良くなりました!実はVictoria University(ビクトリア大学)も近いので、学生さんにも大人気。

 

どうでしょうか?少しFootscrayに対するイメージがちょっとだけ変わりましたか?

 Footscrayには語りつくせないほどの魅力がたくさんあります!ぜひ下記をご参照ください!

 

 

とにかく住居費が安い。

本当にびっくりするくらい、他の地域に比べると圧倒的に住居費安い。例えば私が住んていた競馬場でも有名なFlemington(フレミントンは3人シェアのオウンルームで800ドル(ビル(電気・水道・ガスなど)込み)/月。リタイアしたご年配の方が優雅に住むエリアSouth Melbourne(サウス・メルボルンのマンションは3人シェアオウンルームで900ドル(ビル含まない)/月なのに対し、

私が住んだFootscray駅から徒歩5分の立地抜群、家も広々〜で月なんと475ドル他の地域に比べると半分近く家賃を削ることができます。

貧乏学生やワーホリ生からすると固定費は結構痛いので、Footscrayはまさに夢のような場所でした。

 

メルボルンCBDエリアから近い。アクセス抜群。

またこの値段なのに、とにかくCBD(シティ・繁華街)から近い!早い電車に乗れば10分もしないうちにシティに出ることができます。

 

また下記のマップを見てもわかるよう、ハブの駅になっているので、電車の本数も他の駅に比べると数倍出ています。

f:id:travelize_mylife:20190513202032p:plain

(ハブ駅でない駅は通常20分に1本しか電車がきません。メルボルン交通機関については下記の記事で執筆しています。)

 

travelize.hatenablog.com

シティで夜遊びしてしまった日も全然問題なし!uberで25ドルほどあればFootscrayに到着します。

 

22時頃をすぎると本数が限られてきたりしますが、それでも他のハブ駅じゃない普通の駅に比べるととても便利!この値段でこのアクセスは他の地域では正直絶対ありません。さらに電車の他に乗り継げばバスでもシティに行くことができますし、シティには行きませんがトラムなども走っているので、アクセス抜群です。

 

大きなMaribynong River(マリビノン川)が流れている

Footscrayには大きなMaribynong Riverが流れており、朝や夕方のお散歩がとても気持ちいです。なかなか川が流れている地域というのも珍しく、川の辺りではいつも誰かがジョキングやヨガなどをしており、優雅な時間が流れています。

f:id:travelize_mylife:20190513202934j:plain

 

安くて美味しいベトナム料理やアフリカ料理が食べられる!

どうしてもCBDエリアに近いと、無駄におしゃれな←カフェなどが立ち並び、貧乏学生には毎日の食事にはちょっと予算オーバー。。。

が、ベトナム人街のFootscrayでは本格的なのに安価なベトナム料理や、日本ではなかなか食べることができないアフリカ料理、揚げたてのドーナツなどのB級グルメが勢揃い!!ランチに迷うことはほぼありません。

毎週のように食べていましたが、全く飽きませんでしたし、特にベトナム料理は同じアジアということもあり、日本人の私たちにも食べやすい味付けなので、ぜひ挑戦してほしい!具体的な店舗名などは、今度改めてご紹介をさせていただきますね。

 

Footscrayマーケットで超安い食材をゲット!!

Footscrayマーケットは巨大な食材市場で、野菜・果物がとにかく安い!(肉・魚類は実は買ったことがない。。)物によっては通常のスーパーマーケットなどで買う値段の半分以下で食材を購入することができます。

f:id:travelize_mylife:20190513202014p:plain

 

安いだけではなく、通常のスーパーマーケットには売っていないような、アジアならではの食材(白菜やごぼうなど、あまり西欧の料理には登場しない食材)また基本働いている方々はほとんどベトナム人で、レジ打ちしながらカップラーメンをすするおばちゃんの姿など、ある意味東南アジアらしい様子を垣間見ることができます笑

 

 

近くには南半球最大のショッピングモール「HIGH POINT(ハイ・ポイント)」もある!

南半球最大と言われるショッピングモール「HIGH POINT」はFootscrayからとても近く、トラム一本で行くことができます。ショッピングの他にも食事や、映画など、そこに行けば割とどんなアミューズメントでもあるので、しょっちゅう行っていました。

HIGHPOINT

https://www.highpoint.com.au/home

f:id:travelize_mylife:20190513201846p:plain

 

 

ローカルのお店ももちろんあり!

とはいえ、ローカルのスーパーマーケット「Coles」もありますし、

 

オーストラリア2大スーパーマーケットについて説明した記事はこちら!

travelize.hatenablog.com

また、オーストラリアのローカルのカフェも最近できました!(そしてここのコーヒーが美味しいんだ、、)ベトナムやアフリカのものだけではなく、オーストラリアらしいものもちゃんとあるのです。

 

中古の服屋さん「savers」がマジで安い!!

オーストラリアの中古服屋「savers」が駅の目の前にあるのも超ナイスポイント!

f:id:travelize_mylife:20190513202454p:plain

このsaversがとにかく安くて、最後の方はほぼsaversの服着てた笑 Tシャツなら5ドルなんて値段も全然あり!しかも意外と掘り出し物も多くて、ローカルのおしゃれな子たちも、結構利用しまくってたまさに楽園がFootscrayにあるのです!

 

実はCBD内にはなく、そんなに店舗数も多くないので、Footscrayにあるのはラッキーでした。

 

 

 

まとめ

ということでまだまだ紹介しきれないくらいですが、とにかくハイライトとしては「安い・アクセス抜群・アジアの食材がいつでもゲットできる」ことでしょうか。

 

 

それからオーストラリアといえばイギリスやアイルランド系移民の人たち(白色人種)のイメージが強いかと思いますが、実際は中華系やアジア圏、インド系、アフリカなどからの移民がかなり多くを占めているので、ある意味リアルなオーストラリアがここにはあります。特にベトナム系はコミュニティが大きく、その他Richmondや様々な街がベトナム人街とされています。

 

 

せっかくの留学生活、お金は節約してその分目一杯遊びたい!オーストラリアのリアルを知りたい!という方は、ぜひFootscrayへのお引越しを検討してみてはいかがでしょうか?

 

Footscrayより西側はまだまだ治安の悪い地域

ちなみにFootscrayからさらに西に行くと「Tottenham」「Sunshine」と行った街がありますが、このエリアはまだまだ治安が悪く、ローカルも警戒するほど。気をつけてくださいね。

 

その他のオーストラリアに関する記事はこちら

travelize.hatenablog.com

travelize.hatenablog.com

travelize.hatenablog.com

travelize.hatenablog.com

 

7でした!