TRAVELIZE!旅とフリーランス。

フリーランストラベラー。同じく自営業の旦那(新婚)と旅をしながら気ままに働く生活をしています。フリーランス・旅のことを中心に記事を執筆中!来年頭東京脱出予定。

【徹底解説】アマゾンが運営する無料コワーキングスペース「AWS Loft Tokyo」に行ってみた!

こんにちは!7です。

  

【徹底解説】アマゾンが運営する無料コワーキングスペース「AWS Loft Tokyo」に行ってみた!

今日は話題の無料コワーキングスペース「AWS Loft Tokyo(AWSロフトトーキョー)」に行ってきました!

 

この記事を読んでわかること
話題の無料コワーキングスペース「AWS Loft Tokyo」の登録方法や使い方、使用出来るファシリティなどがわかります。

 

 

「AWS Loft Tokyo(AWSロフトトーキョー)」とは?

アマゾンウェブサービス(AWS)社(以下AWS)が提供する無料のコワーキングスペース。目黒のアマゾンジャパン本社の17階に位置しており、スタートアップやIT関連の職業の人なら誰でも無料で使用することができます。

 

そもそもAWSとは?

ちなみに、そもそもAWSという名を聞いたことがない方も多数いらっしゃるでしょう。

そんな方は下記を参考にしてくださいね。

 

 

AWSとは公式ホームページより引用)

Amazon 社内のビジネス課題を解決するために生まれた IT インフラストラクチャのノウハウをもとに、2006 年、アマゾン ウェブ サービス(AWS)はウェブサービスという形態で、企業を対象に IT インフラストラクチャサービスの提供を開始しました。

クラウドコンピューティングの主なメリットの1つは、必要な時に、必要なだけ、低価格で IT リソースを提供することができることです。クラウドを使用することで、企業はもはや数週間・数ヵ月も前から、サーバーや他の IT インフラストラクチャを計画・調達する必要がなくなります。クラウドなら、即座に何百・何千ものサーバーを数分で起動し、迅速に結果を出すことができます。

 

AWSへの登録方法

登録方法は簡単!AWSのサービスに無料登録するだけ!

 

AWS Loft Tokyoのウェブサイトから右上のボタンを押し、会員登録をします。

f:id:travelize_mylife:20191126181038p:plain

もちろん特に商品を選んだりしなければ会員登録自体は無料です。

 

「Amazon(アマゾン)のアカウントならもう持っているよ!」という方もいらっしゃるかと思いますが、このAWS Loftを使用するには、このAWSのアカウントが必要なので、アマゾンのアカウントを持っている方も必ず登録してくださいね。

 

さて、登録したら12桁のIDが発行されます。無料コワーキングスペースを使用するにはこのアカウントが必要となります。

 

実際に訪れてみましょう!

登録が完了したら実際に訪れましょう!AWS Loftはアマゾン本社の17階です。

目黒セントラルスクエアのオフィス階3階まで進んだら、目の前にアマゾンの受付が見えますがそれはアマゾン本社のゲスト用の受付なのでここでは無視して、17階まで行くエレベーターの前のエントランスに立っている、スタッフに声をかけてみましょう。

 

彼らはAWS Loftの標識が出ている真隣に立っていますのですぐわかります。

 

AWS Loftを使用しにきました」と伝えればゲスト用に改札を開けてくれますので、そこを通って、エレベーターで17階まであがりましょう。

 

 

エレベーターがお洒落ですね。さすがアマゾン。

f:id:travelize_mylife:20191126181121j:plain

 

まずは初回登録

エレベーターを上がって実際のフロアに入ると、自動受付の画面と、受付があります。初回の人は初回登録が必要です。自動受付は2回目以降に出来るので、まずは受付にいきましょう。

 

受付ではAWSへのログインを求められますので、ログインがすぐ出来るようにパスワードなどは覚えておきましょう。ログインしたら上記の12桁のIDを掲示します。

 

照合ができたら受付前の画面で初回登録作業です。この初回登録には5−10分程度時間がかかるのでこちらも覚えておきましょう。

 

情報が登録し終えたら「名刺2枚」か「身分証」どちらかの提示を求められます。どちらかで構いませんので提出しましょう。

 

登録が完了したら

ここまで終えたら登録完了!記名されたシールを配布されるので見えるところに貼りましょう。WiFiのパスワードはこのシールに記載されています。

 

さて、このAWS、物凄く広いです。500人は優に入りそうな規模。私は人が一番混みそうな昼過ぎに訪れており、確かにものすごい人数が既にいましたが、それでも席は全然空いていました。

f:id:travelize_mylife:20191126181138j:plain

 

とにかく広くて、お洒落。使用者はITという業種の性質上9割男性でした。

 

窓際に座ると景色も抜群です!

 

f:id:travelize_mylife:20191126181413j:plain

とにかく豊富なファシリティ!

AWSはなんと言ってもその他のコワーキングスペースには無いような無料ファシリティがたくさんあります。

中央には安くて美味しいカフェもあり!

フロア中央にはカフェもあり、コーヒーがなんと100円で飲めます。そして美味しい。ス○バの3分の1の値段で100倍美味しいです。

f:id:travelize_mylife:20191126181159j:plain

 

自動販売機スペースも

もちろん自動販売機スペースもありますし、お水であればウォーターサーバーがあるので無料で飲めます。

f:id:travelize_mylife:20191126181224j:plain

 

テレフォンブースもあり

嬉しいことにテレフォンブースも2台ほどあり、ここで人目を気にすることなく電話会議も出来ます!

f:id:travelize_mylife:20191126181241j:plain


中にはコンセントももちろんあります。

f:id:travelize_mylife:20191126181351j:plain


 

会議室の使用も可能

 さらに会議室の使用も可能!1室(定員6名)を1時間単位で、なんと無料で利用可能です。ただし予約の受付はしていないとのこと。

 

その他の質問

その他よくある質問はこちらをご覧ください。

aws.amazon.com

 

総評

これまでいくつかの無料・有料コワーキングスペースに行きましたが、ここまで質の高いコワーキングスペースは初めてです。例えばLancersの無料コワーキングスペース(https://hosting.lancers.jp/lp/campus-shibuya/)なんて本当に場所とWifiの提供だけで、お水すら飲めないし、周りにコンビニもないし、渋谷で立地はいいけど、ビルは暗いし、使いづらいし、同じ無料なら絶対AWS Loftが何倍もお勧めです。

 

 

そもそも一人でやっているとわざわざ自宅を離れてコワーキングスペースに行くほどの価値はあまりないと思うものの、ここまでなんでも揃ってると、たまには気分を変えるために足を運ぶのは全然ありだなと思いました。

 

私もたまに気分を変えてカフェに行ったりしますが、カフェだと気が散るのとWiFiが不安定なのと、おいしくないコーヒーを高いお金で買わないといけないやるせなさ(笑)とで、とはいえあまり気が乗らなかったのですが、今度から外に行く時はこのAWS Loftを利用しようと思います。

 

特にエンジニアやディベロッパーの方には IT関連のセミナーやイベントでの勉強会やミートアップなども多数開催されているため、絶対に一度はこのコワーキングスペースを使ってみることをお勧めします!

 

セミナー・イベント一覧

aws.amazon.com

 

ということで、AWS Loft Tokyoを徹底解説してみました!AWSの登録は以下のサイトから行ってくださいね。

aws.amazon.com

 

施設情報

AWS Loft Tokyo(AWS ロフトトーキョー)

住所:〒141-0021 東京都品川区上大崎3丁目1−1 アマゾン新目黒オフィス(目黒セントラルスクエア)17F

営業時間:月〜金 10:00ー18:00